外れ無し!おすすめしたいインド映画 ~ アミールカーン編 ~

皆さん、インド映画はお好きですか?
私がインドに来る前のインド映画のイメージは、豪華!踊る!雨の中でカップルがバイクを二人のりしてはしゃぐイメージで、正直少し馬鹿にしていました。笑
ところがどっこい、皆様侮ることなかれ、インド映画ってすごく面白いんです!!
インド文化を知るにも映画を見るのはもってこいの方法です。
今日はアミールカーンという実力派俳優が主演の映画についてご紹介します。

アミールカーン

インドには三大カーンと言われる超有名俳優がいますが、アミールカーンはその一人です。
アミールカーンは役柄に合わせて肉体改造をすることで有名で、その役柄にかけるストイックさが半端ないんです!
ある時はレスラーの役柄に合わせて筋肉の塊のような肉体を作ったかと思えば、
またある時は44歳にして大学生を演じたり、またある時は宇宙人役を演じる凄腕の俳優です。
そのストイックさから、出演する映画は一年に一本に制限しているため、脚本選びを厳選しているそうです。アミールカーンが出演する映画には、社会的メッセージのある作品多いのも私が好きな理由です。

今回は、私の好きな4作品をご紹介します♪


『きっとうまくいく』

きっとうまくいく
これは言うまでもなく人気の作品で、日本でも知っている人が多いですね!
私はこの映画が好きすぎで5回は見ました!笑
この映画ではアミールカーンは44歳にして大学生の役を演じていますが、違和感がないところがすごい!
友情、恋愛、家族愛、死、社会的問題、全てが詰まっていて、涙あり笑いありの、
少しも飽きることがない3時間で、何度見ても心に響くものがあります。
ちなみにこの映画の最後のシーンにインド北部のラダックにあるパンゴン湖という湖が出てきますが、
これを見た貴方は必ずラダックに行ってみたくなるでしょう!ラダックはインドの中で私がもっとも大好きな場所です。
パンゴン湖
是非これだけは見て頂きたい作品です。


『PK』

PK
アミールカーンの役はなんと宇宙人。テーマはなんと宗教についてです。
信仰心が強いインドでセンシティブなテーマに触れている映画です。
信仰を否定するものではなく、神という形のないものに大切な時間やお金を使って、目の前の実現する大切な人との時間を大切にすることを忘れていませんか、未来を変えられるのは神ではなく自分しかいないというメッセージだったかと思います。(栗田解釈)
宇宙人が初めて恋という感情を認識するところなんかも見どころです。


『ダンガル きっと、つよくなる』

ダンガル きっと、つよくなる
当時インドでは考えられなかった女性レスラー誕生の物語です。
鍛えぬいたアミールカーンの肉体と、映画のために坊主にした女優たちの、俳優魂が窺える映画です。レスリングの格闘シーンは本物さながら迫力満点です。
これは実際の話を実写化したもののようです。


『ターレー・ザミーン・パル』

ターレーザミーンパル
アミールカーンは臨時の美術の先生役を演じています。
字が読めない男の子は、先生や父親から叱られたり、友達には馬鹿にされ、完全に自信を失ってしまいます。そんな彼が、アミールカーン演じる美術の先生の助けによって、才能を開花させていく物語です。
子供のできないことに目を向けて何でできないのか叱ったり、能力を物差しで測るのではなく、子供が得意なことを見つけてあげて、その才能を伸ばしてあげる、褒めてあげて自信をつけてあげることで、子供がどんどん成長していきます。子役の演技も見どころです。


まだまだ有名作品はありますが、今回はここまで。
皆様もお勧めのインド映画があったら教えて下さい。


インド転職に強いコンサルタントがあなたの転職をフルサポートいたします

まずはご登録からパソナインディアの転職サービスに登録する

海外転職を成功させる1番の秘訣は、エージェントの質と現地での実績です。
2006年インドで初の日系人材紹介会社として誕生以来、数多くの転職を成功させてきたパソナインディアに安心しておまかせください。